本文へスキップ

妊娠中は口腔内のトラブルが起きやすいので注意です

妊娠期のお母さんの歯科治療dental treatment pregnancy

トップページ歯の記事 > 妊娠期のお母さんの歯科治療

妊娠中の口腔環境の変化に伴うトラブル

妊娠期では女性ホルモンの分泌がいつもよりも増加します。
それによって歯茎や歯肉などの口腔組織が腫れやすくなります。

また、唾液の量も減少しますので口腔内の自浄作用が下がります。
さらに、つわりによる食生活の変化や偏食、嘔吐などによって口腔環境は悪化しやすくなります。

結果として妊娠期になると虫歯になったり歯周病が悪化したりといった問題が生じやすいです。
妊婦

妊娠中に口腔内で起きやすい症状


妊娠中は前述のように口腔環境は悪化しがちです。

また、口腔内には女性ホルモンを栄養とする歯周病細菌(迷惑!)がいるためホルモン量の増加に伴って歯茎や歯肉の炎症を引き起こします。

具体的には歯茎が腫れたり、出血したり、痛んだりといった症状が出現します。

妊娠期の歯科治療を受けるときの注意点


妊娠期の歯科治療は生まれてくる赤ちゃんのことを考えて妊娠安定期(16週〜27週)にしましょう。

初期(0週〜15週)や後期(28週〜)においては積極的な治療は避けて、出来る限り応急処置でとどめるようにしましょう。

なお歯科レントゲン写真については赤ちゃんへの影響はほとんどないといっていいでしょう。

歯科治療でよく行う麻酔については通常量であれば問題ないです。しかし、フェリプレシンという麻酔薬については子宮収縮作用や分娩促進作用があるため、妊娠後期では禁忌となります。

当然、歯科医師もフェリプレシンが妊婦に禁忌であることは理解していますので安全だと思いますが、担当医に妊娠していることを伝えることは大切です。

妊娠中の子供のことを考えた食生活


子供の歯(乳歯と永久歯も含む)は胎児の時に作られます。そのため、妊娠中にカルシウムやリン、タンパク質、ビタミンを意識的に取っておけば、生まれてくる子供の歯は強くなります。

少し気が早すぎるようではありますが、子供の為に出来ることはやっておきましょう!


善玉菌の力で歯垢を減らして大切な子供の歯を虫歯から守る画期的な口腔ケアサプリです


LEDライト専用マウスピースで自宅で簡単に本格的な歯のホワイトニングができます


ニオイの原因を内側からしっかり抑える4大天然成分を配合した口臭対策サプリです

サイト運営者から皆様へ歯磨き

当サイトでは様々な種類の歯磨き粉を紹介しております。目的に応じて使用する歯磨き粉も変えるべきです。ご自身の状態に合った理想の歯磨き粉をぜひ見つけて下さい!



歯科医師 デンタロウ
当サイト運営者。歯科医師として日々奮闘中。仕事が忙しくサイト更新がよく遅れますが、皆様宜しくお願い致します。

Twitter follow me!!

歯の健康を考える記事
妊婦の歯科治療

入れ歯(義歯)

虫歯