本文へスキップ

入れ歯(義歯)を気持ちよく使用するための正しい管理方法

入れ歯(義歯)の管理方法denture management

トップページ歯の記事 > 入れ歯(義歯)を快適に使用するための管理方法

入れ歯を快適に使用するための管理方法

入れ歯を少しでも長く、そして気持ちよく使用するために、毎日の手入れに注意しましょう!

毎食後、入れ歯をしっかり洗いましょう!


歯だけでなく入れ歯にも汚れ(プラーク)が付きます。これが溜まっていくと細菌が繁殖して口腔内で悪さ(粘膜炎など)をします。

そのため、毎食後に専用ブラシ(義歯ブラシ)を使ってしっかり汚れを取りましょう。

目標としてはぬめりがなくなるまでです。注意点は歯磨き粉を使わないことです。歯磨き粉には研磨剤が入っていますので、ゴシゴシ洗ってしまうと入れ歯に傷がついてしまいます。そして、その傷に細菌が溜まることがあります。

水と専用ブラシのみを使って、毎日丁寧に掃除をしましょう!

また、入れ歯安定剤を使用している方は、入れ歯を外すときに口の中と入れ歯についた安定剤をしっかり取り除きましょう。なぜならば、安定剤にも細菌が付着しているからです。細菌の繁殖を防ぐために丁寧にきれいにしてください。



入れ歯を毎日洗浄剤につけましょう!


入れ歯洗浄剤を入れ歯が収まる容器(コップなど)に溶かしてから、その中にきれいに水洗いした入れ歯をつけましょう。

この際に専用の入れ歯洗浄剤を必ず使ってください。

入れ歯専用ではない洗浄剤や熱湯消毒などを行うと、入れ歯の変色や変形などトラブルにつながることが多いです。

また、洗浄剤につけておいた入れ歯を口の中に入れるときは、水で十分にすすいでからにしましょう。



定期的に歯科医院に行きましょう!


入れ歯を長期間使用していると、口腔粘膜に傷が出来たり人工歯がすり減ってかみ合わせが変化したりします。

そのような変化は自分で気づくことが出来ないことがありますので、歯科医院で定期的に確認してもらいましょう。

毎日使う大切な入れ歯だからこそ、メンテナンスは定期的に行いましょう。



善玉菌の力で歯垢を減らして大切な子供の歯を虫歯から守る画期的な口腔ケアサプリです


LEDライト専用マウスピースで自宅で簡単に本格的な歯のホワイトニングができます


ニオイの原因を内側からしっかり抑える4大天然成分を配合した口臭対策サプリです

サイト運営者から皆様へ歯磨き

当サイトでは様々な種類の歯磨き粉を紹介しております。目的に応じて使用する歯磨き粉も変えるべきです。ご自身の状態に合った理想の歯磨き粉をぜひ見つけて下さい!



歯科医師 デンタロウ
当サイト運営者。歯科医師として日々奮闘中。仕事が忙しくサイト更新がよく遅れますが、皆様宜しくお願い致します。

Twitter follow me!!

歯の健康を考える記事
妊婦の歯科治療

入れ歯(義歯)

虫歯