本文へスキップ

歯に関する基本的知識は歯の健康を高めるために役立ちます

歯の知識knowledge of tooth

歯に関する基本的な知識を身に付けましょう!

歯の本数や種類、機能、構造、用語、磨き方など、歯に関する基本的な情報を紹介しています。歯の基礎知識は歯科治療の理解にかなり役立ちます。
なお、詳しい内容に関するページへのリンクは『歯の知識』(当サイト運営者の別運営サイト)に繋がっております。

生えている歯の本数を知っていますか?


歯の数

歯の本数について

「自分の歯が、いったい何本あるのか」について知っている人がいるでしょうか?
ほとんどの人が知らないと思いますし、考えたこともないでしょう。
人間の大人の歯の本数は、上顎と下顎それぞれ16本ずつの合わせて32本あります。
ただし、一番奥に第3大臼歯(智歯、オヤシラズ)という歯があるんですが、この歯は生えてくる人もいれば、ずっと埋まったままで生えてこない人もいるので、智歯を加えた場合正確な歯の数は人によって異なります。



歯にはいくつかの種類があります


歯の種類

歯の種類について

歯の大きな種類としては、乳歯と永久歯があります。
乳歯が自然に抜けたり虫歯などの歯科疾患によって抜けてしまうと、その代わりとして一度だけ永久歯が生えてきます。
乳歯の本数は、上下10本ずつの合わせて20本です。永久歯になると上下16本ずつの合わせて32本になります。



歯の機能には『咀嚼』と『発音』があります


歯の機能というと、どんなものが思い浮かびますか?食事のときに、食べ物を噛むために必要な「咀嚼」という機能はだれもが知っていると思います。そして、歯の機能には咀嚼という機能のほかに、口から出す音を調節する「発音」という機能があります。つまり、歯の主な機能は咀嚼と発音の二つということです。



歯は複数の組織で成り立っています


歯の構造

歯の構造について

歯の構造ではじめに思いつくのは、白い部分の組織ですよね。
あの白い組織はエナメル質といって、人の体の中で最も硬い組織です。だからこそ、多少の硬さの食べ物では傷一つ入りません。
そして、歯は目で見ることのできる歯冠と目で見ることのできない歯根とで構成されています。



歯科で使う専門用語


歯に関する独自の用語について説明しています。歯科関係者にとっては当たり前の用語ですが、一般の人にはよく分からないものが多いです。歯科医院に行っても、わかりやすく説明してくれる歯科医師の方では問題ないのですが、やたらと歯の専門用語を使ってくる歯科医師の場合、何を言っているのかさっぱりです。また、自分で歯科治療について調べようを思った時に、歯の用語についての知識がある程度あった方が理解しやすくなります。そんな一般にはあまり知られていない歯の用語について見ていきたいと思います。



効率的な歯の磨き方を学びましょう!


歯の磨き方

歯磨きは歯にくっついた目に見えない細菌や歯垢を取り除くことを目的としています。
歯に付いている歯垢は虫歯や歯周病の原因であり、この歯垢をいかにうまく取り除くことができるかが虫歯や歯周病の予防を大きく左右します。正しい歯の磨き方を身に付けてましょう。





善玉菌の力で歯垢を減らして大切な子供の歯を虫歯から守る画期的な口腔ケアサプリです


LEDライト専用マウスピースで自宅で簡単に本格的な歯のホワイトニングができます


ニオイの原因を内側からしっかり抑える4大天然成分を配合した口臭対策サプリです

サイト運営者から皆様へ歯磨き

当サイトでは様々な種類の歯磨き粉を紹介しております。目的に応じて使用する歯磨き粉も変えるべきです。ご自身の状態に合った理想の歯磨き粉をぜひ見つけて下さい!



歯科医師 デンタロウ
当サイト運営者。歯科医師として日々奮闘中。仕事が忙しくサイト更新がよく遅れますが、皆様宜しくお願い致します。

Twitter follow me!!

歯の健康を考える記事
妊婦の歯科治療

入れ歯(義歯)

虫歯