本文へスキップ

大切な子供の歯を虫歯から守る方法について説明します!

子供の歯を虫歯から守る方法protect children`s teeth from caries

トップページ歯の記事 > 子供の歯を虫歯から守る方法

大切な子供の歯を虫歯から守りましょう!

虫歯菌
油断していると虫歯菌は悪さをします



そもそも虫歯って何?

虫歯が黒くて歯が痛くなる原因であることは知っていると思いますが、そもそもどうして虫歯になるのでしょうか。

お口の中には数多くの細菌がいて、歯の表面にも細菌が住んでいます。そして、食事をとるたびに歯の表面には食べ物が付きます。

その食べ物は私たちだけでなく、実は細菌のエサにもなっているのです。そして、一番の問題が細菌がエサを食べることで
酸が発生します。

その
酸によって歯が溶けていくのです。この現象を虫歯とよびます。

しかし、酸によって歯がすぐに溶けるわけではありません。酸が発生すると歯の表面のPH(酸性やアルカリ性の程度を示す単位)が下がります。そしてPHがある一定値を超えると歯が溶けるのです。その一定値のことを臨界PHといいます。

臨界PHを超えると歯はどんどん溶けていきますが、このPHを元の状態に戻してくれるのが唾液です。さらに、唾液によって溶けた歯の一部はもとの状態にまで回復します。詳しく説明すると、唾液によって歯から溶け出した成分(リン酸イオンやカルシウムイオン)が結合して再び歯の表面に戻るのです。この現象を再石灰化といいます。

このように歯が溶けたり元に戻ったりする現象が、虫歯のある人ない人関係なく日々起きているのです。

それでは、虫歯になる人とそうでない人の違いは何か。

先ほど説明しましたが、歯が溶けるのは臨界PHを超えてからになります。そして、臨界PHを超える時間が長ければ長いほど歯は溶けやすくなります。

つまり
「一日に何度も飲み食いする人」「間食が多い人」が虫歯になりやすいです。



虫歯が多い子供の共通点

子供の中には虫歯が出来る子とほとんどできない子がいます。そして、虫歯が多い子供のほとんどが「甘いジュース類を飲む習慣」があります。

先ほど言いましたが、一日に何度も飲み食いしたり間食が多かったりすると虫歯になりやすくなります。つまり一日に何度も甘いジュースを飲んで過ごしている子供は虫歯になるリスクがとても高くなります。

甘いジュースは子供にとって大好物の一つです。ジュースには虫歯菌の栄養源である糖類が多く含まれるだけでなく、液体なので歯と歯の間など口の中の細かい隙間にまで入り込んで歯を溶かします。

さらにジュース自体のPHも低いので、ジュースを飲むだけでもお口の中のPHを下げて虫歯を作るリスクを上げてしまうのです。

子供の歯を虫歯から守るには、食生活習慣をしっかり見直すことが大切です。毎日しっかり歯を磨くだけでは虫歯を防ぐことは難しいといえます。
食べ物に注意して虫歯になりにくいお口の環境を作ることをこそが最善策なのです。

子供のための口腔ケア習慣「むしばいばい」


むしばいばい

善玉菌とキシリトールの口内ケアサプリ!

【むしばいばい】は「善玉菌 BLIS M18」と「キシリトール」配合の口内ケアサプリです。
そして「善玉菌 BLIS M18」は口腔内の歯垢を減らす働きを持っており、摂取することで虫歯になりにくくなることが研究で明らかになっています。
子供の歯の虫歯が永久歯に与える影響はとても大きいです。そのため子供の歯をしっかり守ることが大切です。気になる味はイチゴ味でイヤイヤ期の子供でも継続しやすくなっています。子供の将来のために出来ることを今始めましょう!
【詳細情報】
・初回限定 1,980円
50%OFF
・2回目以降
10%OFF
子供用電動歯ブラシ 無料プレゼント!

↑公式サイトへ



善玉菌の力で歯垢を減らして大切な子供の歯を虫歯から守る画期的な口腔ケアサプリです


LEDライト専用マウスピースで自宅で簡単に本格的な歯のホワイトニングができます


ニオイの原因を内側からしっかり抑える4大天然成分を配合した口臭対策サプリです

サイト運営者から皆様へ歯磨き

当サイトでは様々な種類の歯磨き粉を紹介しております。目的に応じて使用する歯磨き粉も変えるべきです。ご自身の状態に合った理想の歯磨き粉をぜひ見つけて下さい!



歯科医師 デンタロウ
当サイト運営者。歯科医師として日々奮闘中。仕事が忙しくサイト更新がよく遅れますが、皆様宜しくお願い致します。

Twitter follow me!!

歯の健康を考える記事
妊婦の歯科治療

入れ歯(義歯)

虫歯